服から服を作る?どんな仕組み?

BRINGとは
https://socialstore.jp/collections/bring

コットンの肌ざわりとポリエステルの機能性。思わずさわってみたくなるTシャツをつくりました。古着を回収し化学分解した再生原料を使ってつくられる、資源を循環させる製品です。BRINGは服から服をつくる※サーキュラー・エコノミーを実現するブランドです。


サーキュラー・エコノミー
EUが2015年12月に政策パッケージを公表したことで世界的に広まった概念。和訳して「循環経済」とも呼ぶ。 製品、素材、資源の価値を可能な限り長く保全・維持し、廃棄物の発生を最小限化する経済システムを意味し、これまでの一方通行でモノを使う「直線経済」からの脱却を目指す。by ウィキペディア

「地球を、着まわせ」
本当に欲しくなる服をつくるために、わたしたちは原料から集めることにしました。わたしたちが使うのは要らなくなったお洋服。あなたの着なくなった服がリサイクルされて、糸、生地、そして服にまで生まれ変わる、そんな世界を一緒につくりませんか。

「目的のある服をつくる」
BRINGの服は、それぞれの服が、どんなときに使いたいか、何をするための服か、誰に着て欲しいか、どんな体験をしてほしいか、そんなことを想像しながらデザインされています。
その服に、目的があるからずっと着たくなる、使いたくなる、欲しくなる。いくつかのフィールドでそんな服づくりを目指しています。




BRING商品一覧はこちらです。
https://socialstore.jp/collections/bring


12月 17, 2021